ページトップへ戻る

観る、体験する、利用する、広島市内にある横川シネマ映画情報
FACEBOOK
twitter
TOP > 2015年 > 6月 > 23日 > ショートホープ
ショートホープ
posted:2015.06.23

【一週間限定上映!】
2015/7/15(水)~7/21(火)18:40

【初日舞台挨拶、堀口正樹監督&横山雄二さん登壇】

日時:2015年7月15日(水)18:40
料金:1100円(水曜割引デー) ゲスト:堀口正樹監督、横山雄二さん

森田芳光監督の助監督を務めてきた堀口正樹監督のデビュー作『ショートホープ』初日、堀口監督の舞台挨拶が決定。さらに、森田映画を愛し親交もあった横山雄二さんが応援に駆けつけてくれることになりました!割引デーでもありますので、お誘いあわせてご来場ください

 

愛はどこにあるんだろう?

ストリッパーを母に持つ、小学4年生の児島和也は里子に出されていた。ところが里親に実子が誕生し、そんな時に母急逝の訃報が舞い込む。居場所を失った和也は、本当の父親を探すことを決意し、母が働いていたストリップ劇場へと向かう…。蒲田から横浜までひたすら歩く和也が道中で出会う子供たち、大人たち。立ち塞がる過酷な現実に翻弄され、“愛”を“希望”を探し求める少年の孤独。現代社会で生き惑う人々を通じて、ようやく父親との対面を果たすのだが…和也の胸に去来する思いと、移りゆく風景が見事に映像として溶け合い、日本インディペンデント映画に新しい新しい少年映画の傑作が誕生した。

『ショートホープ』は2014年第15回全州国際映画祭インターナショナルコンベンション部門に正式出品され外国メディアに賞賛された。森田芳光監督や阪本順治監督らに助監督として師事し、研鑽を積んだ堀口正樹の第一回監督作品である。自ら脚本も執筆し、満を持して監督デビュー作へ挑戦した。主役の児島和也役には、本作が初主演となる竜跳。孤独な少年が戸惑いながらも成長していく過程を見事に好演。スクリーンに映える鋭い眼差しは、誰もがドキッとするであろう。脈々と受け継がれてきた日本映画の情感と新たな才能が見せる人間模様が、最も日本映画らしいと言える本作の仕上がりに結実している。

タイトル
ショートホープ
開催日
2015/7/15~7/21
作品データ
2013年/日本/76分 製作・配給: <ショートホープ>製作コネクション
キャスト
竜跳、鳥羽潤、中村麻美、芹沢礼多、佐藤恒治、小林麻子、岸部一徳
スタッフ
脚本・監督:堀口正樹
公式サイト
http://shorthope-movie.com/