ページトップへ戻る

観る、体験する、利用する、広島市内にある横川シネマ映画情報
FACEBOOK
twitter
TOP > 2015年 > 6月 > 28日 > 「ハーツ・アンド・マインズ」公開記念トークイベント:西島大介と漫画「ディエンビエンフー」が語る“ベトナム戦争の真実”
「ハーツ・アンド・マインズ」公開記念トークイベント:西島大介と漫画「ディエンビエンフー」が語る“ベトナム戦争の真実”
posted:2015.06.28

日時:2015年7月4日(土)14:20 ※トークは上映後、約60分を予定
料金:一般1700円、大学生1300円、シニア1100円、高校生以下1000円


上映作品:ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実(1974年/アメリカ/112分)
http://heartsandminds.eden-entertainment.jp/


トークゲスト:西島大介(漫画家)
http://www.simasima.jp/

様々な証言や取材映像、ニュース・フィルムや戦意高揚映画のフッテージを駆使して“ベトナム戦争”の実像に迫り、後にハリウッドで製作された数々のベトナム戦争映画に多大な影響を及ぼしたドキュメンタリー映画の金字塔「ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実(1974年/アメリカ映画)」の広島劇場公開(7/1~7/21)を記念して、同じくベトナム戦争をモチーフとした長編マンガ「ディエンビエンフー」の著者である漫画家・西島大介さんによるトークショーを開催いたします。

2006年月刊IKKIで連載を開始し、2015年には単行本第12巻の刊行を控えている、西島大介さんの代表作「ディエンビエンフー」は、ベトナム戦争という実在する戦争を、ポップなタッチで荒唐無稽に描いた“戦場のボーイ・ミーツ・ガール”。「世界一可愛くて、世界一残酷な傑作戦争マンガ」とも呼ばれる大胆な構成力と的確な批評性を持ってベトナム戦争史を再構築し、さらにベトナム戦時下と現代の世相を絶妙にリンクさせながら、およそ10年に渡って描き続けられています。

今回は、「ハーツ・アンド・マインズ」上映後に、2015年に「ベトナム戦争」を描く西島さんの思索を、映画の感想を踏まえながら縦横に語っていただくトークショーです。ドキュメンタリー映画とマンガ、その創作手法は真逆のアプローチでありながら、戦争の狂気を浮き彫りにする意思において通じ合っているようにも思える、このふたつの作品を通して、あらためて「ベトナム戦争の真実」を見つめ直し、さらにこの映画が2015年に公開される意味を考えたいと思います。