ページトップへ戻る

観る、体験する、利用する、広島市内にある横川シネマ映画情報
FACEBOOK
twitter
TOP > 2016年 > 2月 > 13日 > ハッピーアワー
ハッピーアワー
posted:2016.02.13

《3月》 2016/3/15(火)~21(月)
第1部14:30|第2部16:30|第3部18:20

《4月》 2016/4/1(金)~7(木)
第1部12:40|第2部14:40|第3部16:30

《5月》 2016/5/1(日)~7(土)
第1部10:30|第2部12:30|第3部14:20
※毎月1週間×3ヶ月のロングラン上映を予定しています

30代も後半を迎えた、あかり、桜子、芙美、純の4人は、なんでも話せる親友同士だと思っていた。純の「秘密」を知るまでは…。純の現状を思わぬかたちで知った彼女たちの動揺は、いつしか自身の人生をも大きく動かすきっかけとなっていく。

演技経験のない4人の女性たちが主演を務め、第68回ロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞!神戸を舞台に、市民参加による「即興演技ワークショップ」をベースに制作され、三部構成・総尺5時間17分の大作となった本作。「親密さ」「不気味なものの肌に触れる」や“東北記録映画三部作(「なみのおと」「なみのこえ」「うたうひと」)”など、常に挑発的な作品づくりを続けてきた濱口竜介監督が、これまでにない試みでつくりあげた待望の最新作である。

30代後半の女性たちを主人公に、4人それぞれの家庭や仕事、人間関係を丁寧に描きながら、濱口竜介は、どこにでもいる“普通”の女性たちが抱える不安や悩みを、緊張感あふれるドラマとして見事に表現してみせた。今の私は本当になりたかった自分なのか?本当に伝えたいことを言葉にできているのか?ゆっくりと、迷いながら発せられる彼女たちの一言一言が、観ている者にスリリングな感動を届けてくれる。いまもっとも注目すべき話題作だ。

タイトル
ハッピーアワー
開催日
2016/3/15~3/21
作品データ
2015年/日本/317分
キャスト
田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りら
スタッフ
監督:濱口竜介 脚本:はたのこうぼう(濱口竜介、野原位、高橋知由 撮影:北川喜雄 録音:松野泉 照明:秋山恵二郎 音楽:阿部海太郎
Copyright
©2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト