ページトップへ戻る

観る、体験する、利用する、広島市内にある横川シネマ映画情報
FACEBOOK
twitter
TOP > 2018年 > 7月 > 28日 > マンガ「黒い雨にうたれて」雑誌掲載50周年記念映画上映会 私たちは「彼」からヒロシマを学んだ。
マンガ「黒い雨にうたれて」雑誌掲載50周年記念映画上映会 私たちは「彼」からヒロシマを学んだ。
posted:2018.07.28

2018/8/5(日)開催!

マンガ「はだしのゲン」の作者で知られる中沢啓治氏が初めて戦争と原爆を描いた作品は「黒い雨にうたれて」でした。
その作品掲載から50年後の8月6日前夜、漫画家・中沢啓治氏の伝えたかった自身の体験とメッセージを伝えるアニメーションとドキュメンタリーを上映します。


Film.1 アニメーション「黒い雨にうたれて」(95分)
C(有)ゲンプロダクション アニメーション/カラー/95分/1984年
監督:白土武 脚本・原作・企画・製作:中沢啓治 音楽:喜多郎
出演(声):西城秀樹 島村佳江 ほか
被爆直後の広島に、放射能を含んだ“黒い雨”が降った。その雨にあたった者はその後、多くの苦悩を抱えることになる…。「はだしのゲン」の作者・中沢啓治が原作・企画・脚本・製作を担当し、西城秀樹が声優に挑戦したドラマアニメ。
日時: 8月5日(日)18:30~
料金:1000円(当日券のみ)

無料上映企画
広島初公開! 中沢啓治トークイベント映像(22分・英語字幕版)
2012年5月27日横川シネマで行われた「はだしのゲンが見たヒロシマ」の上映後、中沢啓治氏が若者からの質問に応じる形で行われたトークイベント映像。
日時: 8月5日(日)20:15~
料金:無料


Film.2 ドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」(77分・英語字幕版)
C2011シグロ、トモコーポレーション
ドキュメンタリー/カラー/77分/2011年
企画:渡部朋子 製作:山上徹二郎、渡部久仁子 監督:石田優子 撮影:大津幸四郎
漫画家・中沢啓治が自身の生い立ち、広島での被爆体験から『はだしのゲン』を描くまでの半生を語るドキュメンタリー。
日時:2018年8月5日(日)20:50~
料金:1000円(当日券のみ)

会場:横川シネマ(広島市西区横川町3丁目1-12)

主催・お問い合わせ:
マンガ「黒い雨にうたれて」雑誌掲載50周年記念上映会実行委員会
広島市中区上八丁堀8-14安芸リーガルビル2階
Mail:genxhiroshima@gmail.com
電話:082-502-0428

Special Thanks:中澤ミサヨ

協力:広島平和記念資料館
特定非営利活動法人ANT-Hiroshima
プロジェクト・ゲン
特定非営利活動法人はだしのゲンをひろめる会
映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」を長く広める会

タイトル
マンガ「黒い雨にうたれて」雑誌掲載50周年記念映画上映会 私たちは「彼」からヒロシマを学んだ。